フォトアルバム

平成24年タントクル親子あそびの学校
 

昔あそび映像アーカイブス

リンク

青野魚店

バナー募集
  
タントクルセンター
「さくらんぼタントクルセンター」は、クリエイトひがしねが管理運営を行なっている施設です。
 

オンライン状況

オンラインユーザー3人

 子どもが自由に遊び、いきいきできる環境づくりを目ざし、地域みんなで遊びの理想郷「ひがしね あそびあランド」を創っていきます。 【あそびあランド指定管理者:NPO法人クリエイトひがしね】  http://www.asobia.jp/
 

新着情報

 
クリエイトニュース30号汎用データベース
クリエイトニュース
09/15 14:15
クリエイトワークショップ2016報告日誌
クリエイトひがしね
07/25 16:22
サロンの風景44号汎用データベース
クリエイトひがしね
07/08 13:56
ぽぽたんNo.44号汎用データベース
クリエイトひがしね
07/08 13:52
おおけやき第44号汎用データベース
クリエイトひがしね
07/08 13:46

タントクル・ブログ

あそびあランド・ぶろぐ!

  • クリスマスイルミネーション点灯式
  • 薪割り訓練
  • 火の神登場!あそびあランド火入れ式
  • 11月お茶べり会開催
  • 新種発見!!?
  • ハロウィンパーティーしました
  • あそひろハロウィンパーティーへのお知らせ
  • 第2回 いっしょにあそぶべ!じいちゃん、ばあちゃんと
  • マムシ捕獲訓練
  • ひがしねあそびあランド イルミネーション点灯式

クリエイトワークショップ2016報告

7月16日(土)・17日(日)、さくらんぼタントクルセンターふれあいプラザで
クリエイトひがしね自主事業「クリエイトdeワークショップ2016」を開催しました。


ワンコインネイル
ママ達だけでなくも子ども達も「まま♡きゅあ」素敵なネイルでリフレッシュ♪
 

クリエイトニュース30号

タントクルセンターの魅力

 タントクルセンターがオープンして11年が経過しましたが、1日平均900人以上、年間で33万人以上、しかも11年間ほぼ横ばいの来館数で経過しています。行政関係者や一般の方も視察で来館されていますが、なかには個人で遊びに来てすごく良かったので、みんなを誘って視察に来館された方もおります。この魅力は、ハードとソフトの両面がうまく機能し、来館者を心地よくさせているからなのかも知れません。
 ハード面では、大ホールや各種会議室・保育所・子育て支援・健診休診設備・遊び場など、乳幼児の親子から年配者まで楽しめる機能が満載です。ソフト面では、子育てから市民の健康管理を預かる行政、管理運営の委託を受けている我々クリエイトひがしねの職員、大ホール担当のエンジニア、清掃を請け負うシルバー人材の方々、守衛室の方など、多数の職種の方が係り合う協働の賜物であると感じています。
 また、施設運営の要となる我々クリエイトひがしね職員のチームワークも大きな要素です。総合受付職員の気くばり、子育て支援・ファミリーサポートセンターの親身な対応、あそびのイベントを工夫し、子ども達を引き寄せるけやきホールの職員、みんなプロ意識を持った明るい応対から"また来てみたい"が生まれているような気がします。
 最近になってまわりの市町村にもけやきホールを参考にした遊び場ができました。でも、けやきホールの来館者はほとんど減少しておりません。これも魅力ある施設のひとつの証かもしれません。また、あそびあランドと連携した、屋内外の遊育・共育の実践も大きな可能性を持っています。もっともっと市民の皆さんに利用していただけるよう、愛されるタントクルセンターになれるよう、これからもスペシャリストを目指していきたいと思います。

N PO法人クリエイトひがしね
  理事 本間 義章
 

クリエイトひがしねで~す!

クリエイトひがしね私たちは、子どもから高齢者まで世代を越えた交流の場をつくり、すべての市民が輝いて暮らせる地域社会の創造をめざしています。また、市から委託を受け、総合保健福祉施設「さくらんぼタントクルセンター」の施設管理と、子育て支援センター、けやきホール、ファミリーサポートセンターを運営しています。

クリエイトひがしねパンフレット ダウンロード
クリエイトパンフレット.pdf
 

ホット・ニュース !

「ひがしね伝承 子どもの唄とあそび」を出版いたしました!

唄とあそびの本 この本のもとになった『東根伝承子どもの唄とあそび』が発行されたのは今から三十数年前です。この冊子の挨拶文には、当時すでに「テレビに夢中になりともだちと遊ぼうとしない」子どもたちの姿、序文には「先輩から伝承された遊びを幼児の中に取り入れたとき、幼い目の輝きが一段とさえるのを知っている」「その面白い遊びを子どもの中に取り戻そう」という発刊の目的が書かれていました。 
 あれから三十数年たった現在、子どもの遊びはテレビからゲームに移り、「人と交わってあそぶ」遊びはほとんど見られなくなりました。「遊びの復権」は、タントクルセンターで子どもたちにかかわっている私たちのテーマでもあり、その思いを形にしたのがこの復刻版の発刊です。 当時この冊子に関わった職員は三十代から四十代で、そのうちの五人編集に加わっていただきましたが、何回かの編集会議はほとんど遊びを再現する時間に費やされました。
 また録画撮りでは、その「名人技」に驚かされ、説明文やイラストでは伝えきれない部分を動画として残してていく必要性を切実に感じました。そしてそれが出来るのは今しかないとも。 
 このような経緯で動画をHPに掲載し、さらに未収録分を追加・充実していくこととなりました。 当時編集にあたられた先生方の、「次の世代に生きる方々へのささやかなプレゼントに」との思いを、さらに次の世代へ届けられれば幸いです。

書籍名: ひがしね伝承 子どもの唄とあそび(100ページ)  価格:1,200円
発行者: 特定非営利活動法人クリエイトひがしね
お問合わせ: クリエイトひがしね 電話:0237-43-0732


昔あそびを映像で紹介する「昔あそび映像アーカイブス」も始めました!
 

特定非営利活動法人 クリエイトひがしね
〒999-3796 山形県東根市中央一丁目5番1号 東根市さくらんぼタントクルセンター内
電話:0237-43-0731/FAX:0237-43-0732