フォトアルバム

平成24年タントクル親子あそびの学校
 

昔あそび映像アーカイブス

リンク

青野魚店

バナー募集
  
タントクルセンター
「さくらんぼタントクルセンター」は、クリエイトひがしねが管理運営を行なっている施設です。
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人

 子どもが自由に遊び、いきいきできる環境づくりを目ざし、地域みんなで遊びの理想郷「ひがしね あそびあランド」を創っていきます。 【あそびあランド指定管理者:NPO法人クリエイトひがしね】  http://www.asobia.jp/
 

新着情報

 
クリエイトニュース31号汎用データベース
クリエイトニュース
01/10 15:37
クリエイトニュース30号汎用データベース
クリエイトニュース
09/15 14:15
クリエイトワークショップ2016報告日誌
クリエイトひがしね
07/25 16:22
サロンの風景44号汎用データベース
クリエイトひがしね
07/08 13:56
ぽぽたんNo.44号汎用データベース
クリエイトひがしね
07/08 13:52

タントクル・ブログ

あそびあランド・ぶろぐ!

RSSの取得に失敗しました。

クリエイトワークショップ2016報告

7月16日(土)・17日(日)、さくらんぼタントクルセンターふれあいプラザで
クリエイトひがしね自主事業「クリエイトdeワークショップ2016」を開催しました。


ワンコインネイル
ママ達だけでなくも子ども達も「まま♡きゅあ」素敵なネイルでリフレッシュ♪
 

クリエイトニュース31号

子育てはじゅんばんこ

  平成29年酉年がスタートしました。私達クリエイトひがしねの活動拠点でもある「さくらんぼタントクルセンター」も平成17年酉年に開館しました。年月は流れ、めまぐるしく世の中は変化しましたが、いつの日も変わらない子ども達の笑顔がここにはあります。
 昨年、全国冒険遊び場づくり協会主催の「第7回冒険遊び場づくり全国研究集会~子どもの遊ぶ笑顔が地域を創生する」へ参加してきました。全国各地のプレーリーダー、プレーワーカーたちとたくさん出会い、たくさん語らってきました。その中で、いま子ども達の遊びは、大人たちの監視の目からのがれることができず、遊ぶ空間も時間も仲間も奪われ、決められていることをこなしているだけの危機的状況にあるとして、「どうせできない」とやる前からあきらめて失敗したくない子、「何すればいいの?」と聞いてくる意思のない子などがあげられました。
 けやきホールでは、水の塔を何度挑戦しても登れない子が、くやしくて涙を流しています。また3階から1階へと滑り降りるすべり台で「滑りたい!」「でも怖い!」気持ちは行ったりきたり、10分、20分とすべり台を見つめ自分と格闘しています。
 心と体が育つには、自ら考え挑戦し、失敗しながら成功へと歩んでいく。くやしくて泣いて、うれしくて笑って。遊びを通して学びとるこれらの感情は、親が言葉で教えてあげられるものではありません。子どもの遊びを奪うのも保障するのも、まわりの大人です。まずは目の前のその子を認めて、任せてみることから始めてみたいものです。
 子育てはじゅんばんこです。“子どもは、人に迷惑をかけながら育つもの。子育ては、人に頼りながらするもの。そして、子育ての知恵は次の世代に引き継ぐもの”。

N PO法人クリエイトひがしね
  事務局次長 結城 栄子
 

クリエイトひがしねで~す!

クリエイトひがしね私たちは、子どもから高齢者まで世代を越えた交流の場をつくり、すべての市民が輝いて暮らせる地域社会の創造をめざしています。また、市から委託を受け、総合保健福祉施設「さくらんぼタントクルセンター」の施設管理と、子育て支援センター、けやきホール、ファミリーサポートセンターを運営しています。

クリエイトひがしねパンフレット ダウンロード
クリエイトパンフレット.pdf
 

ホット・ニュース !

「ひがしね伝承 子どもの唄とあそび」を出版いたしました!

唄とあそびの本 この本のもとになった『東根伝承子どもの唄とあそび』が発行されたのは今から三十数年前です。この冊子の挨拶文には、当時すでに「テレビに夢中になりともだちと遊ぼうとしない」子どもたちの姿、序文には「先輩から伝承された遊びを幼児の中に取り入れたとき、幼い目の輝きが一段とさえるのを知っている」「その面白い遊びを子どもの中に取り戻そう」という発刊の目的が書かれていました。 
 あれから三十数年たった現在、子どもの遊びはテレビからゲームに移り、「人と交わってあそぶ」遊びはほとんど見られなくなりました。「遊びの復権」は、タントクルセンターで子どもたちにかかわっている私たちのテーマでもあり、その思いを形にしたのがこの復刻版の発刊です。 当時この冊子に関わった職員は三十代から四十代で、そのうちの五人編集に加わっていただきましたが、何回かの編集会議はほとんど遊びを再現する時間に費やされました。
 また録画撮りでは、その「名人技」に驚かされ、説明文やイラストでは伝えきれない部分を動画として残してていく必要性を切実に感じました。そしてそれが出来るのは今しかないとも。 
 このような経緯で動画をHPに掲載し、さらに未収録分を追加・充実していくこととなりました。 当時編集にあたられた先生方の、「次の世代に生きる方々へのささやかなプレゼントに」との思いを、さらに次の世代へ届けられれば幸いです。

書籍名: ひがしね伝承 子どもの唄とあそび(100ページ)  価格:1,200円
発行者: 特定非営利活動法人クリエイトひがしね
お問合わせ: クリエイトひがしね 電話:0237-43-0732


昔あそびを映像で紹介する「昔あそび映像アーカイブス」も始めました!
 

特定非営利活動法人 クリエイトひがしね
〒999-3796 山形県東根市中央一丁目5番1号 東根市さくらんぼタントクルセンター内
電話:0237-43-0731/FAX:0237-43-0732